‘アクリル加工’ タグのついている投稿

加工ですよ笑

2017年5月27日 土曜日

—————–移転のお知らせ————————-
平成29年6月12~17日にかけて移転を行います。
新所在地:京都府八幡市下奈良宮ノ道1-2
https://www.e-onestop.jp/archives/40427
—————————————————————-

本日は加工途中のご紹介を♪
 
いつもお世話になっておりますKさまから
ご依頼いただきまして製作中のものです。
 
一応まだ車種は伏せておきましょうかね。
 
元々はダミーの網状になっている樹脂パーツを加工して
本当の網状にしています。

 
155
 
 

そして、一部を切断してアクリルを埋め込み
ライン状に発光させよう、という算段です。
 
まだ仮組みで様子を見ているので
テープでペタペタ固定しているだけですが
もうカッコイイ。
 
アクリルはアクリル板から削りだして
3Dに加工していますので
なかなか自然に、キレイになっていると思います(^_^)

 
235
 
 

まだ拡散処理しきっていませんが
これだけアップで見てもキレイです。

 
323
 
 

少々明るすぎる気がして
他のパートと調和できるかどうか。
 
この辺りはもう少しあとに煮詰めていければと思います。

 
419
 
 

 
 
 
 
————————————————————————————————–

TAMAYAインスタグラム
https://www.instagram.com/tamaya.llc/?hl=ja

 

TAMAYAフェイスブックページ
https://www.facebook.com/TAMAYA.LLC/

 
通販サイト
http://www.tamaya-diyled-shop.com/
 
————————————————————————————————–

↓↓↓↓↓当店へのお問い合わせはこちら↓↓↓↓↓

加工作業も進んでいます

2017年1月20日 金曜日

加工作業も着実に進んでおります。
最近は郵送でのご対応が増えてきましたドアハンドルZERO。
 
ドアハンドル本体をお送りいただければ
加工してご返送が可能です。
 
車種によっては取り付け時の配線作業が大変ですが
遠方でご来店いただくのが難しい方でも
郵送での加工対応は可能です。
 
蛍光灯の反射で艶具合は分かっていただけると思います。

 
203
 

発光するとこのように光ります。

 
2112
 

真上から覗き込むとこんな感じです。

 
225
 

上の画像で、発光パネルが見えません。
 
ということは、突出がなくフラットにパネルを埋め込んでいる
ということが分かります。
 
意識して触っても、ほとんど分かりません。
(普段の間隔ですと一切分かりません)

 

RB3オデッセイ後期のテール加工も
着実に進んでおります。
 
ダミー部のLED埋め込みは
純正部分と同じようにレンズを製作して加工しますので
点灯していないときも自然に見えるよう工夫しています。

 
242
 
 
 
 
 
 
 
 
 
————————————————————————————————–

TAMAYAフェイスブックページ
https://www.facebook.com/TAMAYA.LLC/

 
通販サイト
http://www.tamaya-diyled-shop.com/
 
————————————————————————————————–

↓↓↓↓↓当店へのお問い合わせはこちら↓↓↓↓↓

1/14 アクリル加工あれこれ

2017年1月14日 土曜日

さーて、言ってしまったものは
ひとまず1月だけでもやらないと
ということで加工途中のご紹介です笑

 

こちらは51エルグランドのアッパーテール。
人気の3ライン加工でご依頼いただいておりまして
ご紹介できておりませんが、これまでかなりの数を作らせていただきました。
 
まず、型をとって(今回はデータに残しているので必要ありません)
アクリルをレーザー加工機で切り出し、削り。

 
15
 

外側テールは裏からのアクセスで
なんとか加工可能です。(内側は無理です)

 
213
 

レンズは湾曲していますので
アールに合わせてアクリルを曲げていきます。

 
311
 
47
 

分かりづらいですが、バッチリです♪

 
511
 
 

こちらはRB3オデッセイ後期のテール加工で使うアクリル。
今回はアクリルにロゴ入れたいということで
お客さまからデザインの指定をいただいており
ご希望の画像をいただいたものをトレースして製作しています。

 
610
 

これだけアップで見れる精度♪
ちなみに、シート類ではなく
塗装でロゴや文字を入れているので
剥がれてくるという心配もありません(*^-゚)v

 
76
 
 

またそのうち続きをご紹介しますね(^_^)

 
 
 
 
 
 
 
  
 
————————————————————————————————–

TAMAYAフェイスブックページ
https://www.facebook.com/TAMAYA.LLC/

 
通販サイト
http://www.tamaya-diyled-shop.com/
 
————————————————————————————————–

↓↓↓↓↓当店へのお問い合わせはこちら↓↓↓↓↓

アクリル削りだし

2016年11月20日 日曜日

Mさまより30ヴェルファイアのウインカー部分
アクリルの削りだしでご依頼いただいております。

 
116
 

ちょっとでも楽しんでいただけたらと思いまして
あえてこのようなラフ画を載せています。
 
作ってる感じ が少しでも伝わるといいですが
加工物というのはカタチになるまでキレイな絵にはなりません笑
 
削りだし というのは
その名の通り、ブロック状のアクリルから
削って成形する という手法です。
 
普段は ~10mmまでのアクリルを多用しますので
レーザー加工機で対応できますが
今回は25mmを使用しますので、今のレーザー加工機ではとても無理です。
8桁万円だせばあると思いますが、当然うちみたいな弱小店には無理・・・苦笑
 
25mmというと、ライトの加工で使うにはかなり分厚いほうです。
参考になるか分かりませんが、手の厚みより随分太いです。

 
213
 

ピンルーターという道具を使って、荒削りを行います。
その際、微妙なラインのずれを修正できるように
1mmほど大きく削りだします。

 
310
 

そこから、ルーターという道具で
プラスオフセット分を削る、という感じです。
 
下の画像で、アクリルの断面が3段階ぐらいにラインが入っていますが
これは、25mmを一度で削ってしまうと
負荷が大きすぎてビットが折れるため
段階的に削りだしているためです。

 
413
 

そのラインを消す という意味でも
この2度削りの工程は必要です。
 
1面を削るだけで
かつお節のようなアクリルのカスが出ます(^∇^;)

 
513
 

これで、おおむねカタチになってきました。

 
64
 

ここからエッジの処理と断面の磨きなどを行います。
 
上の画像の2つ以外にも、細かいブロックが多数あるので
削りだしていましたが
なんと、途中でビットが折れてしまいました。
 
新たなビットを装着し、続きを作業していましたが
若干の誤差が出まして・・・・・・
細かいブロックは全てやり直し、となりました。
 
淡々と書いていますが
結構ショックです(T∇T)
 
ここで意気消沈
気分転換に、こうしてブログを書いています(;・∀・)
 
加工には、このようなアクシデント的な側面もあるので
加工作業で納期を確定させることは難しい
というのが、ご理解いただけると幸いです。

 

少し気持ちが落ち着いたら再度チャレンジですね。
Mさま お待たせして申し訳ございませんが
引き続きよろしくお願いいたします m(_ _)m

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

————————————————————————————————–

TAMAYAフェイスブックページ
https://www.facebook.com/TAMAYA.LLC/

 
通販サイト
http://www.tamaya-diyled-shop.com/
 
————————————————————————————————–

↓↓↓↓↓当店へのお問い合わせはこちら↓↓↓↓↓

8/16 火曜日

2016年8月16日 火曜日

本日火曜日は定休日となりますので
よろしくお願いいたします。m(_ _)mペコリ

 
 

先日書きましたとおり
作業詰めで画像もほとんど撮れていませんが
いくつかご紹介させていただきます♪
 
エスクァイアのヘッドライト加工でご依頼いただいております
三重県 Yさま
各所アクリルの固定に入っており
手数がかなり多いので時間はかかっていますが
順調に進んでいます(*^-゚)v

 
33
 

Tさま 30系ヴェルファイアのヘッドライト加工も終盤
仮組みまできました♪

 
43
 

Tさまからのご依頼
カローラフィールダーのヘッドライト加工も順調です。
(メッキが汚いのは保護紙ですのでご安心ください)

 
53
 

こちらもTさまからのご依頼
(イニシャルTの方がたまたま多いです)
 
51エルグランドのテール加工。
簡単に引き受けてしまったリフレクターでの施工でしたが
意外と苦戦しまして(汗)
センターに合わせるためには外側テールのLEDを
宙に浮いたような構造にしなければラインが通らないということが分かり
単純に板で嵩上げしても違和感が出そうだったので
隙間スペースの型を1つずつとり、冶具のようなものを作っている途中です。
 
Tさま お待たせしておりますm(_ _)m

 
71
 
 
 
 
 
 
 
————————————————————————————————–

TAMAYAフェイスブックページ
https://www.facebook.com/TAMAYA.LLC/

 
通販サイト
http://www.tamaya-diyled-shop.com/
 
————————————————————————————————–

↓↓↓↓↓当店へのお問い合わせはこちら↓↓↓↓↓