10/29 今日のブログは

この記事をTwitterでつぶやくCheck

今日のブログは誰も面白くないだろう
という内容でお送りいたします 笑
 
 
明日から本格的に作業を開始いたします
Kさま 80ヴォクシーのヘッドライト加工。
 
 
下段サイドには2段のアクリルラインを入れるのですが
上段のクリアランスランプ部への加工を見こして、縦幅を合わせております。

これだけで統一感も出てくるので
単体それぞれで考えず、ライト全体の構成を考えます。
 
 
133
 
 
まずはマスキングテープの幅を選び
それをライン状に並べて貼ります。 
 
太いマスキングで貼らないのは
テープ幅もカット位置の基準で併用するためです。

もうお気づきかと思います。
うちのブログを見ていただいている方には
何とも面白くない絵が続きますので
宜しくお願いいたします m(_ _)mペコリ
 
 
そうすると、黒で見えにくかったインナーの意匠が
ハッキリ陰影となって現れます。

226 
 
 
んー ・ ・ ・

なんかライン出てない気がする。
 
 
315
 
 
やっぱり(*´∀`) 
 
 
ってことでこの凹はあまり気にせず
サイド全体として考えよう! ってことになるんですね。
 
こういうのは全て行き当たりばったりです。
仕方ないです。
 
 
そして例のごとく型紙でアクリルの型をとっていきます。

414
 
 
510
 
 
65
 

このあとイラストレーターでオフセット調整していくので 
それぞれの角度さえあっていれば
多少の誤差はここではOKです。
 
何にしても効率よくない気がしますが
全て現物合わせなので致し方ないですよね。

ちなみに、加工例とまったく同じでよければ
このデータ作りは必要ないんです。

だから大体の初回アクリル加工は全くもって赤字になるという
おそらく加工屋アルアル( ̄∇ ̄;)アハハ
(笑ってる場合じゃないですよね)
 
 
8
 
 
と、こんな感じになっていきます。
 
 
ここから初めてデータ作りに入れるという手間のかかりかたなので
ある程度の価格になってしまうのも仕方ないかと思います。
 
 
 
以後の工程は

・型紙トレース

・データに置き換え

・アクリルカット、拡散処理

・アクリルを使って、インナーへのマーキング

・インナーカット

・光源位置の模索
 
 
言葉にすると非常に単純明快
言う(書く)とやるは全然違いますね(^_^;)
 
 
がんばっていきますよー!!!
 
 
 
 
なんとも面白くない記事をここまで読んでくださった皆様
有難うございましたm(_ _)m
 
 
 
ではまた 
 
 
 
 
————————————————————————————————–

リアルタイム加工状況、最新情報は TAMAYA facebookページへ

TAMAYA facebookページへ いいね!を押すだけで

随時最新状況や製作にあたっての加工画像などをご覧いただけます。
 
 
□自作応援サイト□

LED 自作LED 自作LED 自作LED 自作

DIY-LED通販ショップ
もよろしくお願いします

↓↓↓↓↓当店へのお問い合わせはこちら↓↓↓↓↓
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ブログランキング

タグ: , , , , , ,

コメントは受け付けていません。