「イカリング」の比較

通称「イカリング」と呼ばれるヘッドライト加工の定番メニュー

しかし、ライト加工をしたことがないユーザーには
何が何やらよく分からないだろうなと思い
球屋で扱うリングを徹底比較することにしました!

球屋で取り扱い、製作するリングを
球屋の主観で見たデータです。 参考になれば幸いです。

 
 
- NEW -
イカリングであれば特にこだわりはなく、取り付けは簡単がいい方は
明るくて、ほとんど面発光、取り付けも簡単でコストも安い
カバー付きLEDリングをお勧めします。 

 
 

分かりやすい図にしましたのでご覧ください。

【 既製リング 】

8c162fe3ce4d97aef898294654b765fb
76a46b885d14ccfa5f83cfaf6448a4ee

CCFLのメリット
・蛍光灯のような柔らかく、完全な面発光
・比較的低コストで加工可能
・過電流のリークなどには影響されにくい(LEDと比較すると)

CCFLのデメリット
・インバーターが壊れやすい (水濡れに極端に弱い)
・インバーターの設置が必要になる(同封しています)
・光源の根元が光らない


 

カバー付きLEDリングのメリット
・光源がLEDなので明るさでは有利
・拡散カバーによってLEDの粒が拡散される
・比較的低コストで加工可能

カバー付きLEDリングのデメリット
・点灯していない時は、光源LEDの黄色味が若干見える
・CCFLと比べると面発光でない

【 球屋の見解 】
・CCFL特有の柔らかい光が好み
・インバーターの設置、取り扱いが苦にならない

上に該当するユーザーさんは
CCFLイカリングをお勧めします。

上に該当しないユーザーさんは
カバー付きLEDリングをお勧めします。
 


 
ここからは、価格より人のやっていないことをしたい!
「ワンオフ」「最先端カスタム」をお望みのユーザーさんへ見ていただきたいデータです。

1cca3f73dc444bb74a694c67dc566197
df2bb96015dbce4f3d18f05e40611695
c4a25b888df27c84ada2df61db7031b5

ワンオフLEDリングのメリット
・どのリングよりも強烈に明るい※LEDなので指向性はあります
・ワンオフ製作なので他人と被りにくい
・LEDの色を好きな色にすることができる
・回るリングにすることができる

ワンオフLEDリングのデメリット
・白LEDの場合、点灯していない時は、光源LEDの黄色味が見える
・光がとても強いので、プロジェクター間接照明を併用すると間接照明が見えにくい
・アクリル加工と併用すると、どうしてもリングが一番明るいので目立つ
 


 

SEリングのメリット
・ワンオフアクリル製作なので球屋でしか加工できない
・最先端のリングであること
・裏には無数のLEDを設置するので明るい
・アクリルの多重構造によってとてもキレイな面発光になる

SEリングのデメリット
・加工料金が高いので、ワンオフに拘らないのであれば必要ない
 


 

デザインリングのメリット
・ワンオフアクリル製作なので球屋でしか加工できない
・最先端のリングであること
・裏には無数のLEDを設置するので明るい
・光らせるデザインは自由度が高いので、多種多様にデザインできる(基本形は7種類)
・上の画像のように一部のみカラーを入れることができる

SEリングのデメリット
・加工料金が高いので、ワンオフに拘らないのであれば必要ない
 
 
【 球屋の見解 】
・激しい光(明るさ)を求める場合はワンオフLEDリング
・最先端、面発光を求める場合はSEリング
・最先端、めずらしさを求める場合はデザインリング