30アルヴェル後期移植について

この記事をTwitterでつぶやくCheck

※2018年2月初旬時点での情報です
 
30アルファード、ヴェルファイアの後期ヘッドライト移植について
お問い合わせが増えてきました。

 

お客さまからいただいた情報を確認しますと
検証してないので絶対という言葉は使えませんが
ライト自体の移植は、内部の回路を触ることで出来る気がします。
 
あとは前期車両のPCS搭載車はプリクラッシュ対応エンブレムが移植できるかどうかなども
検証が必要になってきます。
 
あと、一番大きな問題は費用と時間でしょうか。
 
こちらもお客さまから見積もりを見せていただいたのですが
ヘッドライト(三眼ユニットCPU無し)、バンパー、グリル、エンブレムを新品で揃えると
80万円が見えてくる・・・(((( ;゚Д゚)))
 
これは流石にやりすぎでしょう(´・ω・`;)
 
新古品など出てくると少しでも抑えれると思いますが
当面はなかなか出てこない、もしくは競争激しいので中古でも高いでしょう。
 
 
30アルヴェルはヘッドライト、バンパー、グリル、エンブレム
全て交換することでヘッドライトの移植がカタチとして成り立ちます。
 
後期移植というとても魅力のあるカスタムだと思いますが
躊躇いますね、高すぎます。
 
この感じだと二眼ヘッドライトで妥協しても60万円付近でしょうか。
 
 
こんな状態でご提案もしづらいのですが
もしご予算、お時間に検討いただける余地がある場合
弊社がお手伝いさせていただけることとすれば
アルヴェルともに限定1台のみ
弊社の工賃を抑える、というお力添えはしたいです。

 

是非実現したい事案ではあるのですが
こうなってくると焦って新品を買うのは疑問が出てきますね。
 
ほんとはチャレンジャー求む!
って書く予定だったのですが
もし、もしですよ?
検討余地がある方がいらっしゃいましたら
ご連絡ください。
 
としか言えないじゃん (T∇T)
 
 
後期ヘッドライト移植について
おおむね今わかっている情報は以上です。
 
 
では。

 
 
 
 
 
 
 
————————————————————————————————–

TAMAYAインスタグラム
https://www.instagram.com/tamaya.llc/?hl=ja

 

TAMAYAフェイスブックページ
https://www.facebook.com/TAMAYA.LLC/

 
通販サイト
http://www.tamaya-diyled-shop.com/
 
————————————————————————————————–

↓↓↓↓↓当店へのお問い合わせはこちら↓↓↓↓↓
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ブログランキング

コメントは受け付けていません。