LEDを打ち替えるとき

この記事をTwitterでつぶやくCheck

また追ってご紹介しますが
昨日までレクサスESを触らせていただいてました。
 
1つ1つパーツがカッコイイですね。
ここ最近ESほしい病にかかって辛いです。買えないので笑

 

 

ヘアライン調になっていてとても絵になります。

 

 

リアコントロールパネルの内部です。
特に撮影した意味はありません。

 

 

LEDを替えるために分解してたのですが
普段からDIYされる方はLEDの打ち替えを経験される場合も多いと思います。
 
LEDを替えたあと車両に基板もどして
「あれ?なんで点かない?たしかに点灯してたはずなのになぁ」
って経験ないですか?
 
心当たりがある方は
打ち替えたあとのチェック方法が間違ってるかもしれません。
 
LEDに直接あてて光るかを確認するのではなく
LEDの手前と先に電気を流します。
 
驚くほどブレた画像で申し訳ないです。

 

 

矢印のLEDを替えるのですが
LEDのプラス側、マイナス側 どちらもその先にある銅部分へテスターをあてます。
上の画像だと丸いのが2つ見えてますが
そこへ電気を流してLEDが点灯すれば
「ハンダができている」という目安になります。
 
LEDを挟んでテストすると
当たり前ですがハンダができていなくても光ります。
 
なので、一度試してみてください。
というワンポイントアドバイスでした笑

 
 
 

————————————————————————————————–

TAMAYAインスタグラム
https://www.instagram.com/tamaya.llc/?hl=ja

 
通販サイト
http://www.tamaya-diyled-shop.com/
 
————————————————————————————————–

↓↓↓↓↓当店へのお問い合わせはこちら↓↓↓↓↓
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ブログランキング

コメントは受け付けていません。