現行モデルに勝てなかった

この記事をTwitterでつぶやくCheck

以前、開発状況を書きました
レクサスRXのLEDライセンスランプ。
 
色々試作してみた結果
60ハリアーや30アルファードなどで製作している
現行の製作方法に敵いませんでした・・・(^_^;)
 
それだけ現行モデルが優れているということですね。
 
いまから純正との比較を見ていただきますが
画像加工などでインチキしていないという証拠画像です 笑
 
中央に仕切り板を置いて
左が純正、右が施工後の比較です。

 
139
 

好みの問題といえばそれまでなのですが
レクサスって 「真っ白」とか「純白」って
イメージがありますので
弊社デモ車には6000Kを搭載しています。

 
224
 

左が純正、右がTAMAYAライセンスランプ
 
TAMAYAライセンスランプと言っても
純正部品を加工していますので
フィッティングなど純正そのままですし
純正と同じようにカプラーONで交換できます。

 
319
 

純正でもLEDになっていますので
LEDからLEDへ変更するという少しマニアック傾向な施工なのですが
純正の黄味がかった白から
純白へと変化し、少しだけ光量が上がっているのが分かるでしょうか?
 
明るくしようと思えば簡単にできますが
純正より少し明るく、真っ白
という意味では、この辺りがベストです♪

 
 

また車両全体の画像をご紹介しますので
お楽しみに(^_^)

 

 
 
 

レクサスRX カスタムメニューページ
http://www.e-onestop.jp/case-oflexusrx20.html

 
 
 
 
 
 
 
————————————————————————————————–

TAMAYAフェイスブックページ
https://www.facebook.com/TAMAYA.LLC/

 
通販サイト
http://www.tamaya-diyled-shop.com/
 
————————————————————————————————–

↓↓↓↓↓当店へのお問い合わせはこちら↓↓↓↓↓
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ブログランキング

タグ: , , , ,

コメントは受け付けていません。